風通しのいい人生

クリスチャンライフについて語る、祈る。

祈るしかなく

神様

人生は思い通りに行かないことも多く、

能力も、自分にできないことが多くのしかかってきて

どうしてよいかわからず

できたらゆっくり休みたいと思っても

ゆっくりはできず

神様

それも今の私に課せられたあなたからの訓練ですか?

もしもそうなら

耐えられる力

乗り切っていくことができる何かの力

誰かの助け

が必要です。

今、信仰を持って歩くことはとても難しい。

自信がないし

信仰もないし

力もありません。

エスのみ名によって

アーメン

f:id:from55life:20200523125000j:plain

 

人知れず祈る

神様

今日は息子のことで祈ります。

ただ、あなたの御心が成ることだけを祈ります。

私にはいろんな願いもあります。

希望もあります。

思いも計画もあります。

でもそれらをだたあなたにゆだねて、

今日はあなたの御心が成ることだけを祈ります。

 

何もできない自分だし、

愚かな自分です。

愚かな親です。

神様

どう悔い改めたらいいのかわかりませんが、

とにかく

あなたの御心が成ることを祈ります。

エスのみ名によって

アーメン

f:id:from55life:20200523104302p:plain

仔羊おばさん

緊急事態宣言解除でも、まだ教会には集まれない

ワタクシの通う教会の方々はもともと、

オンラインとか

リモートとか

そういう世界とは縁遠いと思われる方が多い。

それでも、今日もまだオンラインで礼拝を行っている。

 

再開は6月になってからで、教会も感染対策を行う予定であるとのことだ。

 

教会でもソーシャル・ディスタンスを守り、

換気をよくして、ってことなのだろう。

そのように舵をきる理由は、やはり高齢者の信者が多い、ということだと思う。

今この時点でも入院中の兄弟もいるし、

また6月に再入院の姉妹もいると今日、聞いた。

 

私だって年齢は低くはないけど、70代、80代の姉妹がいるからやっぱり感染対策は十分でないといけない。

教会って歌歌うし。

f:id:from55life:20200524133740j:plain

とにかくまた教会で礼拝できる時が来てほしい。

 

仔羊おばさん

ものすごく落ち込んだ時の叫びー聖書の言葉からー

最近読んだ聖書の言葉の中で、

あー聖書の時代にもこんなに落ち込んで苦しんで叫んでる人がいる…。

と、心に響いたので、このブログに載せてみたいと思います。

 

主、私の救いの神。

私は、昼は、叫び、

夜は、あなたの御前にいます。

私の祈りがあなたの御前に届きますように。

どうか、あなたの耳を私の叫びに傾けてください。

私のたましいは、悩みに満ち、

私のいのちは、よみに触れていますから。

私は穴に下る者とともに数えられ、

力のない者のようになっています。

死人の中でも見放され、

墓の中に横たわる

殺された者のようになっています。

あなたは彼らをもはや覚えてはおられません。

彼らはあなたの御手から断ち切られています。

あなたは私を最も深い穴に置いておられます。

そこは暗い所、深い淵です。

あなたの激しい憤りが私の上にとどまり、

あなたのすべての波で

あなたは私を悩ましておられます。

あなたは私の親友を私から遠ざけ、

私を彼らの忌みきらう者とされました。

私は閉じ込められて、出て行くことができません。

私の目は悩みによって衰えています。

主よ。

私は日ごとにあなたを呼び求めています。

あなたに向かって私の両手を差し伸ばしています。

あなたは死人のために奇(くす)しいわざを

行われるでしょうか。

亡霊が起き上がって、

あなたをほめたたえるでしょうか。

あなたの恵みが墓の中で宣べられましょうか、

あなたの真実が滅びの中で。

あなたのくすしいわざが、

やみの中で知られるでしょうか、

あなたの義が忘却の地で。

 

しかし、主よ。

この私はあなたに叫んでいます。

朝明けに、私の祈りはあなたのところに届きます。

主よ。なぜ、私のたましいを拒み、

私に御顔を隠されるのでしょうか。

私は若いころから悩み、そして死にひんしています。

私はあなたの恐ろしさに耐えてきて、

心が乱れています。

あなたの燃える怒りが私の上を越え、

あなたからの恐怖が私を滅ぼし尽くしました。

これらが日夜、大水のように私を囲み、

私を全く取り巻いてしまいました。

あたなは私から愛する者や友を

遠ざけてしまわれました。

私の知人たちは暗い所にいます。

 

詩篇 第88編

f:id:from55life:20200523104302p:plain

仔羊おばさん

 

オンライン礼拝も1か月を経過し

まさか、こんな日が来るとは誰にも予想ができなかった。

オンラインでの礼拝がかれこれ1か月続いている。

今日の礼拝は

「エペソ人への手紙4章」からでした。

新しい人になる。

そういうメッセージ。

新しい人にされ続ける。

f:id:from55life:20200510163344p:plain

仔羊も「新しい人」になります!

仔羊おばさん

オンライン礼拝

You Tubeでの礼拝になってもう一か月くらいになる。

みんなはどうしてるのかなと気になる。

特に、高齢で最近手術を受けた姉妹のこと。

 

ワタクシの教会では、4月中旬にもともと心臓の悪かった兄弟が天に召された。

コロナとは無関係なんだけど、

こんなふうにみんながばらばらでいる間に亡くなったことは、やはり寂しい。

f:id:from55life:20191226100126j:plain

クリスマスの頃、まさかこんなことになるとは思ってなかった。

 

今日はみんなのために祈ろう。

 

仔羊おばさん

そんなもんウチの教会がオンラインで礼拝やってることよ!

そりゃ、ウチの教会がオンライン礼拝やってることに尽きる!

 

ワタクシの勤める会社は、いろんな部門がある。

我が部門は休業も、在宅ワークも可能な部門だが、社の体制の古さからか、いまだに全員出社が原則で動いている。

 

ところで、我が教会は、企業よりもトラディショナルで古い体制だと思うのだ。

いくらプロテスタントが「新教」と捉えられていようと、とにかくアナログな我が教会が、オンライン礼拝になってもう4回を数える。

( ゚Д゚)

画期的すぎる!

f:id:from55life:20200411183044j:plain

そうまでして、コロナの蔓延を抑えようと頑張っているのだから、その他の機関も精いっぱい協力すればいいと思う。

 

ともかく、4回もオンライン礼拝になった。

悪いことではないけど、やはりみんなで集まることにも意味があるから、今後はさらにオンラインで各メンバーつなぐとかいうことになるかもしれない。

オンラインで証(あかし)を語るとか、一緒にゴスペル歌うとか。

楽しさもあるけど、それならそれで面倒にも思う。

そういう関係は少し煩わしい。

できれば、教会で集まる方が、私なんかは気楽でいい。

 

こんな激レア体験は、今月いっぱいで収束してくれないだろうか?

 

仔羊おばさん