風通しのいい人生

クリスチャンライフについて語る、祈る。

礼拝

疲れていましたが、礼拝だけは行きたくて昨日も例日に参加しました。

前夜、ほとんど眠れず3時間くらいしか寝ていませんでした。

 

神様

たくさん

たくさん

心の中の波があります。

自分でもどうしていいかわかりません。

落ち着くことができず…

それでもまだまだやろうと思っていることも

やるべきこともできず

神様

すべてを委ねます。

エスのみ名によって

アーメン

f:id:from55life:20200729060114p:plain

仔羊おばさん

ヨハネの黙示録

今日の教会のメッセージは「ヨハネの黙示録」からだったんですが、

この聖書はいろんな解釈があって、いろんな異端にもいいように解釈されているそうです。

だから、ワタクシも何にも付け加えるつもりはありません。

ただ、たまに読むと、こういう、不可思議な世界も面白いな、と思ったりします。

昔、映画で「地獄の黙示録」ってのがあって、封切りの時も見ましたし、

たまにテレビでオンエアされていると、「今見たら、今の自分なりにわかるんやろか?」と思って見たりします。

でも、やはりというか、アメリカ人のようにあの映画を理解はできないな、って思います。

 

同じように「ヨハネの黙示録」も、クリスチャンがクリスチャンの目で、ココロで読まないと、変なことになっちゃうのかもしれないと思います。

 

だけど、「地獄の黙示録」は、最初に見た18歳の頃より今のほうが、もちろんその重さとか深さとかは感じ取れるようになったと思います。

 

「残虐」って…。

地獄の黙示録 に対する画像結果

英語の原題

Apocalypse Now

と言います。クリスチャン目線で「ヨハネの黙示録」読んだ上で見ると、かなりの大作であり、より深い解釈ができそう。

 

仔羊おばさん

 

教会の前半戦は「コロナ」の印象しかない

このブログはイチ信徒であるワタクシこと仔羊おばさんが、教会のお昼ご飯や聖書の言葉、祈りなどを公開しているブログです。

当初はもっと、聖書の言葉の紹介などを書こうかと思ってたんですが、

結構教会の愚痴とか言いたかったタイミングで始めてしまって、

「なんかなじめない…」みたいな話が多くなっています。

 

今年の前半は、いつもと同じカンジで、

「ああ今年も馴染めない…」で始まりましたね。

でも、私自身、子供のことで心配やら怒りやら情けないやら、

何ともいえない気持ちの毎日で、今年の前半は辛かったです。

 

教会の礼拝もオンラインになりました。

6月にふたたび教会に行けるようになった時にはほっとしました。

f:id:from55life:20200721055444p:plain

でも、高齢の姉妹方には長く会えていません。

再会の日を待っています…。

仔羊おばさん

試練の時

どうして人生に試練の時があるのかと思う。

自分は何もしてなくても

新型コロナみたいな伝染病も襲ってくるし。

 

それまでの日常が当たり前に続いていたら、

もしかしてわからなかったいろんな問題もわかってしまう。

それは、悪いことではないのだろうけど、弱者には結構こたえる変化だ。

f:id:from55life:20200509104003j:plain

できたら、せめて景気だけでも上向いてくれたらと思うけど…。

 

神様

心の痛みを抱えている方に

慰めがありますように

エスのみ名によって

アーメン

 

仔羊おばさん

祈るしかない

神様

私の心にはいつも痛みがあります。

自分で何かができたらいいけど、

私の手の届かないところに次男がいます。

 

神様の憐みを祈るしかありません。

 

高齢の兄弟姉妹をお守りください。

長く会えていません。

私の家族

このブログを見てくださっている方の中に

苦しみがあるなら

それが癒されますように

エスのみ名によって

アーメン

f:id:from55life:20200626052901j:plain

仔羊おばさん

聖書の「詩篇」に思う

最近旧約聖書の「詩篇」を読んでいます…

この「詩篇」を書いたのはいろいろな人なのですが、

なかに「ダビデ」が書いたものがいっぱいあります。

 

最近、この「ダビデ」の一生に感銘を受けています。

ダビデという人は、若い頃はなかなかのカッコよさを持っていた人だったようです。

信仰面でも破竹の勢いというか、まっすぐでまさにヒーローといった感じです。

 

しかし、ある程度の地位に就いてからは、

部下の奥さんに手を出し、その夫を激戦区に送り出して死ぬように仕向けるという、かなりひどいことをしています。

その後悔い改めていますが、たとえそうであってもひどい行為はひどい行為。

 

息子に裏切られる。

 

など、祝福も多い彼の人生ではあったと思いますが、

先代の王との争いといい、息子との争いといい、彼が正しく生きていようといまいと、そういうものに巻き込まれていく様子は、人生の深さを感じます。

 

ともかく、詩篇は歌っぽいものあり、賛美あり、でも敵の描写とかはなかなかのもの。

 

ブログにも一脈通じるものがあります。

 

みなさんの人生はそれぞれに、まさに「激動」。

 

できれば自分の人生だけは何もなくゆるりとのんびりと平和なものであってほしいとワタクシは願っていますが…。

なんか、全然そんなことはなく、一見平和そうに見えるワタクシの人生もまた、

「激動」です。

f:id:from55life:20200626061039j:plain

何はともあれ

また再び「教会メシ」について、このブログで紹介できる日がきたらいいなと願っています。

 

仔羊おばさん

今日の祈り

神様

祈ってきましたが、だんだん疲れてきました。

私はいい信徒じゃないですよね。

神様のいい子じゃない。

神様の恵みもなんかよくわかりません。

贅沢かもしれません。

 

また今日も

私につながる人の幸せと慰めを祈ります。

このブログを見てくださった方に幸せがもたらされますように。

 

長雨に苦しむ方にほんの少しでも晴れ間が与えられるように。

 

病に苦しむ兄弟姉妹に癒しが与えられますように。

 

私の家族に多くのケアが必要です。

私自身もです。

夫の体の痛みが緩和されますように。

私の手の技、長男の手の技が祝され、あらゆる悪いものから守られますように。

次男はなんか、普通じゃない状態が続いていて心配です。

来年の学費が与えられますように。

どうか、ささくれだった心に平安が与えられますように。

エスのみ名によって

アーメン

f:id:from55life:20200512052812j:plain

仔羊おばさん